家庭医が教える病気の話

HOME » 家庭医が教える病気の話

コラム一覧

『子供の怪我』コラム著者:嘉村洋志
子供は色々な怪我をします。

それは、初めてのことに対する興味の結果であり、うまく体を動かせない結果でありある意味必然的ともいえます。そこで大事なことが二つあります。一つは緊急性の評価ともう一つは予防です。まず緊急性の評価についてですが、場所や怪我の仕方によっていくつかに分かれます。

詳しくはこちら

骨粗鬆症と脆弱性骨折コラム著者:上久保 和明
初めまして、家庭医の上久保です。整形外科、関節リウマチ主体を専門にしています。

ここ数年TVコマーシャルなどでいつの間にか骨折など骨粗鬆症が話題になっています。 今回はその中でも脆弱性骨折というもののご紹介をしたいと思います。 「脆弱性骨折」の定義は立った姿勢からの転倒か、それ以下の外力での骨折という定義で、要するに軽微な機転で発生する骨折です。主に椎体骨折(背骨の骨折です)、大腿骨近位部骨折(ももの付け根です)、橈骨遠位端骨折(手首です)などの骨折を指します。

詳しくはこちら

健康診断で関節リウマチを「早期診断」?コラム著者:菊地 英豪
関節リウマチの診療を中心としたいわゆる「リウマチ専門外来」で診療をしていると毎月のように「職場の健康診断でリウマチ因子が陽性だった」「たまたま受診した人間ドックでリウマチ因子が陽性だった」ということで「詳しく調べてほしい」と患者さんが紹介され来院します。

ほぼ全員が特に関節の痛みもなく、そのほかの自覚症状もないため「関節リウマチではありません」ということになります。

詳しくはこちら

鼻血ダラダラとまらない~正しい止血法を伝授~コラム著者:瀬田宏哉
救急医療にたずさわっていると、鼻血が止まらず救急車で運ばれるひとにしばしば遭遇します。

しかし、なかなか鼻血を対応してくれる医師(主に耳鼻科医)が見つからず、遠くまで搬送されてしまうことも少なくありません。(病院到着時には止血されていることも多いのですが・・・)さてこれはなぜでしょう?

詳しくはこちら

漢方とはコラム著者:樫尾 明彦
「漢方」と聞いて、浮かぶイメージはどんなものでしょうか。

中国から伝わった医学、あまり即効性はない(すぐには効かない?)値段が高い…などなど、外来でも患者さんから質問をよく受けます。今回、これらの質問に答える形で、われわれ家庭医が漢方を使用する意義について述べてみたいと思います。

詳しくはこちら

お医者さんの上手なかかりかた〜「かぜひいた」〜コラム著者:密山 要用
そもそも「かぜ」ってなんでしょうか。

お医者さんの「かぜ」と患者さんの「かぜ」は、実はお互いが別のものを想像していることがあります。そして、お医者さんが考える「役割」と患者さんの「期待」が違っていることも実はよくあります。診察室では、お互いに気づかずに微妙にすれ違っている、なんてことも多いんです。

詳しくはこちら

求人情報
※看護師を募集しています

よくあるご質問

コラム

リンク

診療時間表(随時、訪問診療を行っております)

[駐車場10台有り]

地図

スマートフォンサイトはこちら